ちがさき丸ごと博物館

モクズガニ

名称 モクズガニ 別名
所在地
概要 日本全土に分布し、産卵期と幼生期以外は川に生息するカニです。大きいものでは甲羅の幅が約6cm、左右の脚を横に伸ばすと22cmを越え、日本の川に生息するカニとしては最大です。ハサミ脚に長い軟らかな毛がフサフサと密生しているのが特徴で、ほかのカニと見分けるのは簡単です。この密生する毛が藻くずのように見えることから、モクズガニという名がついたそうです。市内では、小出川の下流と千ノ川の下流、比較的きれいな水が流れている千ノ川の支流などで見ることができます。このほか、サワガニ、クロベンケイガニ、カクベンケイガニ、アカテガニ、アシハラガニなどのカニが市内で見られますが、北部丘陵地域の谷戸に生息するサワガニを除くと、ほとんどが河川の下流域で見られる種類です。モクズガニは、下流域で見つかることが多いのですが、本来はかなり川をさかのぼることが知られています。川の水がきれいだった頃は、市内各地の流れでモクズガニの姿が見られたことと思います。かつて市立病院が建っている辺りは一面の水田地帯でした。畔の土の中や千ノ川の本流・支流でこのカニをよく見つけることができました。今でも、駒寄川の源流である堤の清水谷では、時折モクズガニが記録されますが、汚れの進んだ川を長い距離歩いて来たかと思うと哀れです。
 晩秋には川を下り、河口付近で交尾し、海で産卵します。卵は冬に孵化し、プランクトン生活を送るゾエア幼生からメガロパ幼生を経て稚ガニとなります。初夏に川をさかのぼりはじめ、川での生活が始まります。
 食べるととてもおいしいカニで、好んで食べる地方もあります。ただ、肺吸虫(ジストマ)の中間宿主であるため、よく火を通すことが肝心です。
[]
イメージ